乳腺外科 和歌山ブレストクリニック

NANKAI和歌山市駅直結 和歌山市東蔵前丁39 キーノ和歌山 3階

ご予約・お問い合わせ 073-425-3200

乳房の精密検査

当院の精密検査

  • 細胞診
  • 針生検
  • 乳腺MRI・ステレオガイド下マンモトーム生検・切開生検など(連携病院にて実施)

乳がん検診の結果で精密検査が必要な場合や、しこりなどの自覚症状を認め精密検査が必要な場合はそれが乳がんかどうかを診断する事になります。
そのために細胞診(しこりの中の細胞を取り、良悪性を判断する検査)または針生検(局所麻酔をして組織という塊を取る検査)の病理検査を受けて頂きます。当院では病理検査の結果が1週間以内で判明する迅速診断システムを採用しています。

さらに乳腺MRIやステレオガイド下マンモトーム生検、切開生検(手術室でおこなう)などの高度な追加検査を要する場合は日本赤十字社和歌山医療センターで迅速かつスムーズに検査がおこなえるよう密な連携を取っておりますのでどうぞご安心ください。

乳がんと診断がついたら

高次医療機関と密に連携し、
院長が一環として担当いたします。

乳房の病変が画像検査と病理検査で乳がんと診断がついた場合は速やかに日本赤十字社和歌山医療センター乳腺外科で精密検査をおこないます。
そして、日赤和歌山乳がんキャンサーボード(各領域の専門医が集まり検討する会議)で検討してから個人個人に応じた治療を提案させて頂きます。
そして、手術が必要な場合は日本赤十字社和歌山医療センターで手術指導をしている院長が一緒におこないます。
手術から回復し、術後の薬物療法が必要な場合や定期検査は引き続き当院でおこない、途切れのない乳がん治療を提供します。
このように当院は日本赤十字社和歌山医療センターと連携し、院長が乳がん検診から診断、手術、術後治療まで一環として担当しますのでご安心ください。
  • 高次医療機関で精密検査
  • 専門医による検討会議
  • 治療のご提案
  • 手術(必要に応じて)
  • 術後の薬物療法・定期検査
ホームにもどる